全記事表示リンク
プロフィール

えび象

Author:えび象
「車海老食べてますか?」
味の王様 車海老の普及活動がライフワーク。

鹿児島マリナーズ株式会社
http://www.k-mariners.com/

2010年05月06日

2010/05/06(木) 11:19 | コメント:3 | トラックバック:3 |
正しくは「分家ひげ船長枕崎店」とおっしゃるそうです。
鹿児島県枕崎市折口町19
0993-73-2536

船長(店主)は、昔まぐろ船に乗っていたので、海の男です。

天文館の、お寿司屋さんと、ひげ船長(天文館)で修行され、
枕崎にて「分家ひげ船長」を開店。

ひげ船長


ここは、移転前の和幸さん(→ブログはコチラ)が営業されていた店舗です。

ひげ船長さん。ホントウは串焼き屋なんですが、
海をよく知る船長さんの海鮮モノが美味いんです。

まずは お通し。巻貝です。
船長巻貝
爪楊枝でほじくり出しながら、ビールをちょいちょい。

いっすねー。ついでにチャンジャも頂きます。
船長ちゃんじゃ

  チャンジャ、美味いス。
  結構、店によって分かれるんですよね。チャンジャは当たり外れが。

そして
まぐろ船に乗っていた経験がモロに活きてくる
このメニュー!
船長ヨコワ

  ヨコワ刺しです

 黒マグロ(本マグロ)の子供を刺身に。

 いや、これが、美味いのナンノ。☆五つです
 貴重ですよ~。

そして、コチラ。
東京ではお目にかかったことがありません。
まず、めったに手に入らない。
船長エラミ

  まぐろのエラミ焼き

  まぐろのエラなんですねー。
  まぐろ1体から、2本しか取れませんっ。

  スペアリブのように、両手でぐわしっとつかんでかぶりつきます。


今日は 貴重メニューのオンパレード。
こちらも東京では、お目にかかれない タカエビ です。
船長タカエビ

 鹿児島で取れるんですが、
 この色あざやかな海老は、水揚げしてから黒く変色していきます。

 車海老
 活きでは黒っぽく、火を通せば赤く変色するのと逆ですね

 甘みが強い海老です。
 深い旨みとプリプリ感は、車海老にはカナイマセンが、美味しい海老です。何よりも希少価値。


そして!

お待たせしました。車海老 
船長車海老

 この頭の部分、塩味が絶妙~

 船長に伺ったところ、塩焼きではなく、素揚げにしてから塩を振っているとのこと。
 う~ん。ヤリマスな。

えび象車海老の市場拡大という
大使命を果たすべく、お隣さんに「ま、どーぞ。ま、どーぞ。」と
半ば強制的に車海老を振る舞います。

「頭が美味いんです。頭食べて下さい。」


自分の車海老を 隣の客に振舞うえび象

船長からプレゼント
  「はいよ」
船長車&タカ

 なんと!
 
 車海老のお皿に、
 無造作に置かれたソレは、先ほどのタカエビちゃん。

 奇しくも、車海老とタカエビの夢の競演です。

  も。しあわせ。



最後は 船長ご自慢の 鯛のあら汁で締めました。
船長 タイあら汁


   船長、今日も絶品でした。m(_ _)m

   




スポンサーサイト





2010/05/06(木) 11:19 | コメント:3 | トラックバック:3
ブログ内検索
カレンダー
04 | 2010/05 | 06
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
QRコード
QRコード