全記事表示リンク
プロフィール

えび象

Author:えび象
「車海老食べてますか?」
味の王様 車海老の普及活動がライフワーク。

鹿児島マリナーズ株式会社
http://www.k-mariners.com/

--/--/--(--) --:-- |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


--/--/--(--) --:-- |
2011/07/02(土) 07:41 | コメント:0 | トラックバック:1 |
五条3 扉

えび象 さん、ずいぶん久しぶり!

・・・言われてみれば、前回ブログから1年も経過していました。

枕崎のすし匠五条さん。


五条3 ネタケース1

今夜もネタケースには
新鮮で美味そうなネタがズラリ

五条3 ネタケース2

う~ん。迷っちゃうなぁ。

五条3 お通し

お通しはハモの梅肉和えと
本場枕崎の本枯節のお吸い物。

 うめぇ~。

五条3 刺身

ネタケースからお刺身登場です。

五条の大将、店もきれい、ネタケースもきれい。
そして刺し盛りもきれいです

中央のサバが美味しいこと美味しいこと。

ピカピカで気持ちよくお酒を戴ける
五条さんのカウンター席には

五条3 車海老水槽

鹿児島アクアファームの 車海老 が気持ちよさそうに泳いでいます。

ねー。大将。アレやってくださいよ。

「アレ」とは
水槽の活き車海老を贅沢にもボイルするという
玄人にのみ許された禁じ手。

(ナマは嫌だからという理由はNGです)

五条3 車海老

ああ。うつくしい。。

惜しむらくは、今夜のカメラが携帯サイズのファイル容量に設定されていて大きな画像でお届けできないことです。

なので枚数でフォロー。

五条3 クルマエビ

 うっんむぁ--い

活き車海老をボイルしたことによる深い甘み。
オカシラ付なので、ミソも同時に味わえる極上の握り。
なによりもヴィジュアルの美しさ。

 ・・・至福。


見やれば隣の水槽で壁にへばりつき
あられもない姿を我々に披露してくれるナガラメちゃん。

五条3 ながらめ

ナガラメって刺身で食べたことないね?

五条3 ナガラメ

ということで初体験。
ナガラメの刺身。

 おほっ。こりゃ美味い。


ここまで美味しく海の幸を頂戴してまいりましたが
魚貝類NGなツレが約1名。。

五条3 そーめん

気の毒に思った大将からソーメンのサービス。

このソーメン。
一口もらったけど、麺つゆが美味い。
やるなぁ。

魚貝類NGメニューを
ここから怒涛の注文。

五条3 玉子スペシャル

玉子スペシャル。

五条3 うなぎスペシャル

ウナギスペシャル。

 ・・・あ、ウナギは大丈夫なのね。

五条3 河童スペシャル

河童スペシャル。

河童って魚の仲間??いえいえキュウリですね(笑)。

ちょいちょい隣でつまんでいるとお腹も膨れて
締めの握りが食べられなくなってしまいました。


と、いうことで えび象 の苦手なシャコだけ食べることになりました。

五条3 ガレージ

見た目はグロいが、目をつぶって食べると美味い

ごく限られた時期しか入荷しないと聞いたのでトライして良かった。
シャコ、克服です。


  

 PS:今年も五条の奥様が会長を努める七夕ライブが
    去年よりも盛大に行われるとのこと。(→去年の七夕ライブ
    その時期枕崎にいたらえび象も遊びにいきます。

過去記事
2010/04/09
2010/07/16



すし匠五条 寿司 / 枕崎駅
★★★★ 4.5


スポンサーサイト


2011/07/02(土) 07:41 | コメント:0 | トラックバック:1
2011/07/06(水) 14:40 | コメント:0 | トラックバック:0 |
将軍4 扉

近隣寿司屋さんで

車海老 消費量NO.1のお店。

寿し処将軍さんへ表敬訪問


やはり、消費量No.1の理由は
ランチタイムにも提供している
車海老の入った上寿司。

将軍4 上寿司

12時30分に店内にはいると、
既に満席に近い状態。

すごい。

将軍4 車海老

 うっんまぁ--い

写真の出来栄えとしては
晴れた日のカウンター席が一番ですが
今日はカウンター席いっぱいなので
写真も少々暗め。


将軍4 味噌汁

おや?

汁椀からオヒゲが飛びだしていますよ

将軍4 あたま

ナント 車海老 のアタマ。

えび象 感激。

将軍4 スイカ


 デザートはうれしいスイカ。

「まだ甘い季節じゃないんだけど・・」

いえいえ、十分甘いですよっ。


近隣のお寿司屋さんには
エビが居ない時期に迷惑をおかけしています。

めざせ!通年安定生産!安定出荷!


 


過去記事
2010/10/20
2010/11/20
2011/01/12





関連ランキング:寿司 | 薩摩塩屋駅



2011/07/06(水) 14:40 | コメント:0 | トラックバック:0
2011/07/08(金) 08:07 | コメント:0 | トラックバック:0 |
和光4 扉


福岡からの来客。

前回訪問した味処和幸さんの美味しさが忘れられない・・・との
リクエストで、再訪問!

えび象 ブログ3件連続お寿司屋さんという新記録。

和光4 華

さすがいつもきれいにしている和幸さん。

玄関には見事な活け花。

和光4 カウンター

カウンターもピカピカです


前回食べて忘れらないという味から。

まずはハラガワ塩焼き。

和光4 はらがわ

1皿に3切れ。
4人いたので、えび象 は痩せ我慢。
「普段食べてますからね~」(ごくり)


みなで汁を奪い合って飲んだ酒蒸し。

和光4 酒蒸し

うん。良いお味。


ひげ船長オススメで一同納得だったバッテラ。

和光4 ばってら


ちょいちょいちょーい!

いくら4人とは言え、そろそろアレを注文しなくては
お腹が膨れてしまいますよ。

和光4 刺身

そう! 車海老

他は
ハガツオ
シビ

 うっまぁ---い

「やはり枕崎、お刺身美味しいねぇ」と福岡の来客もご満悦。

和幸さんでしか味わえない逸品がコレ。

和光4 アタマ

アタマの料理法が判らないけど、すんごく美味い

素焼き?揚げ?・・・違う気がする。
見事に水分が抜けて、旨みが凝縮されています。

初めて注文した
ミズイカゲソ焼き。

和光4 水イカげそ焼き

品良く味深い美味しいゲソ。


宴もたけなわ。
本日は遅めの21時スタート。
そろそろ・・・と締めに入ります。

締めでも、当然、車海老

和光4 寿し

 うっまぁ---い

並の握りに 車海老 を1貫追加。

ここでも、美味しいアタマが楽しめます。




  


和光さんの過去記事
2010/04/07
2010/07/19
2010/11/18



味処和幸 寿司 / 枕崎駅

夜総合点★★★★ 4.5




2011/07/08(金) 08:07 | コメント:0 | トラックバック:0
2011/07/11(月) 08:36 | コメント:0 | トラックバック:1 |
神籠 扉

なんと美しいフォルム。

鹿児島アクアファームが
本年度中元商品として開発した
独自ブランド

「神籠の眠り

(かごのねむり)

ホームページでも紹介しています。
→こちら

開発のきっかけは妻の一言。

「活き海老が届いたら、死ぬまえに全部食べなきゃイケナイ。」

「今夜はハンバーグを食べようと思っていたのに・・・」

「オガクズが飛んで台所が汚れる。」

「冷凍品にしたって、開封したら全部たべなきゃいけない。」

おいおい、一言どころか、二言三言。。

最初は「それが活き海老の素晴らしさなんだよ!」
と言っておりましたが、
良く考え直してみると、これも消費者の声。

真摯に受け止めなくてはいけません。


神籠 化粧箱

  (→プロが撮った写真は→コチラ


この神籠の眠り。

車海老 を1尾ずつ
丁寧に
丁寧に
「活きたままの状態で」

個別に真空パックし

さらに、そこから急速冷凍機を使用して鮮度を保ちました。

神籠 一本冷凍

お刺身でも美味しい!!


だからこそ、天ぷらなど加熱料理でも、活き海老を料理したような旨みが楽しめます。


刺身OKと記載された、急速冷凍機を使用しない通常冷凍の真空パック品も良くみかけます。刺身OKなのと、刺身で美味しい、のとでは大きく違う。と我々は考えています。



キレイな姿カタチで、活きたまま真空するために、
みなで知恵を出し合いました。(構想2年)

お客様の食卓から
こんな会話が聞こえてきそうです。

「お父さん、今夜は車海老、何尾食べる??」

「そうだな、ワシは2尾もらおうかな。」


・・・素敵です。

食べたいときに、食べたい量を。


ネーミングの由来は

神籠る島、神籠島(かごしま)
鹿児島県の名前由来の一つに、神々が籠る島というのがありました。

そして
流水で急速解凍することによって
刺身で遜色ない品質を実現したことを
眠り」と命名しました。


暑い夏。

ちょっと不在にして、宅配便のトラックに数時間おかれると
車海老は死んでしまいます。

お客様に、鮮度良い状態で
お客様の都合に合わせて、
美味しく召し上がって頂きたい。

そんな思いが凝縮された商品です。


送り手が、受け手の在宅確認をして日時指定配達をするのが憚れる贈答にぴったり

  ものすごーく、手間のかかる商品ですが。。

鹿児島アクアファーム
自信を持ってお届けします。


  



2011/07/11(月) 08:36 | コメント:0 | トラックバック:1
2011/07/12(火) 18:36 | コメント:0 | トラックバック:0 |
放流 扉

本日は朝5時過ぎから全員出勤

ここのところずーっと
炎天下で
毎日13時間勤務の現場作業が続いています。

 みんな、本当にお疲れ様。

 身体は悲鳴をあげているのに、
 誰一人として文句を言わない。

大丈夫。神様はきっと見ている。
社長も絶対みている

放流 取り上げ籠

そんないつもより更に1時間も早い今日は
東町漁協の車海老放流事業に、稚エビを出荷する日。

少々成長が早くて、
エビたちが息苦しくなってきたのが心配でしたが
どうやらみな元気いっぱいで一安心。

放流 出荷籠

出荷カゴには、もう稚エビの大渋滞。

放流 活魚車

重さを量りながら、活魚車へと移していきます。

放流 車海老

活魚車の窓をあけて中を覗くと

ワンサカいますね!


海へ放流する為に養殖するエビもあるんだ・・という
今回はそんなエピソード。


  





2011/07/12(火) 18:36 | コメント:0 | トラックバック:0
ブログ内検索
カレンダー
06 | 2011/07 | 08
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。