全記事表示リンク
プロフィール

えび象

Author:えび象
「車海老食べてますか?」
味の王様 車海老の普及活動がライフワーク。

鹿児島マリナーズ株式会社
http://www.k-mariners.com/

2011/10/06(木) 07:25 | コメント:2 | トラックバック:0 |
あきば

今回のブログは、何のエビかわからないので
「その他」カテゴリーです

写真の天丼は都内の某店。
価格は500円。
エビ5本。

繁華街でありビジネス街である一等立地にある
チェーンっぽい、おそらく大資本の新業態。

期待はしていませんでしたが、やっぱり残念でした。

エビを食べると「たまごごはん」の味がする。

おそらく、卵白。
卵白は、エビのプリプリ感を増幅したり、
揚げ物のコロモをサクっとさせるのに役立ちます。

しかし、ナマっぽいから「たまごごはん」の味がしてしまい、
さらには、安っぽいエビの味がナマだけにダイレクトに伝わってきてしまいます。

1尾を食べ、
2尾目をひとくちかじり、
あとは全て残して会計してしまいました。

えび象 が言いたいのは
美味い とか 不味い とかではありません。

エビを5尾入れるということは、
消費者がエビ好きなのを知っての戦略。

もうちょっとエビを大切にして欲しい。

エビが売りなら、エビを美味しく調理して欲しい。

車海老じゃなくたって、美味しく調理すれば、美味しいのに。
(逆もまた真なり)

大企業が会議室で
・日本人はエビが好きだ!
 ↓
・エビをたくさん入れた業態をつくろう!
 ↓
・たくさん入れて安くだすからエビは安いのを大量に仕入れよう!
 ↓
・「エビ」とだけ表記すればどんなエビだって構わない。

そこまでは良いとしても、
調理から提供までしっかりと責任持ってやって欲しい。

「エビ好き」の消費者たちをガッカリさせないで欲しい。

5尾じゃなくて2尾でも、美味しくて500円ならお客さんは満足します。

この立地条件で営業していれば、暫くは好成績が続くでしょう。
でも、「てんや」には勝てない味でしたらリピーターは付かないかも知れない。
それでも人間が溢れている東京だからアイキャッチのよい「エビ5本・500円」という文句で集客はできるでしょう。
そして何年かたって、成績が頭打ちになると
「よーし、次は○○丼だ!」
とか言って業態転換して終わるのかも知れません。

寂しい限りです。


1年前も、別のお店ですが、そのようなブログを書きました。
→「味覚障害の温床」


「食の担い手」

「食の護り手」
であって欲しい。

そう願う、生産者です。


  



関連記事


2011/10/06(木) 07:25 | コメント:2 | トラックバック:0
コメント

Sengetten : 同感!!

「食の担い手」は「食の護り手」。
旨いのもを届ける。その気持ちの無い企業が多すぎると思う。
名前だけでは廃れてしまう。客が遠のく。
食を護れば客は離れない。

安かろう悪かろうは長続きしない。
ライバルがいる中でどう努力するか。
また食べたいと思わせるモノ作り。

それが大切だと思います。

えび象Re:同感!!

ありがとうございます。
Sengettenさんは、私の中で「たぶんアノ人」と勝手に思っております。

コメントを投稿
名前
タイトル
メール
URL
コメント
パスワード
管理者にだけ表示を許可する


トラックバック

この記事のトラックバックURL
 

この記事にトラックバックする (FC2 blog user only!)
 
この記事へのトラックバック


ブログ内検索
カレンダー
09 | 2019/10 | 11
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
QRコード
QRコード