全記事表示リンク
プロフィール

えび象

Author:えび象
「車海老食べてますか?」
味の王様 車海老の普及活動がライフワーク。

鹿児島マリナーズ株式会社
http://www.k-mariners.com/

2012/02/25(土) 16:36 | コメント:0 | トラックバック:0 |

===2012年02月27日加筆訂正===

かなり刺激的な文章でお届けしました本ブログですが、
同業者の方よりご注意とご指導を頂きました。

本文にて紹介しました農林水産省の資料
P.28に
(以下抜粋)
ただし、獣医師がその診療に係る対象動物の疾病の治療又は予防のためやむを得ないと判断した場合において、農林水産省令で定めるところにより使用するときは、この限りでない。
(抜粋以上)
と明記ございました。

訂正しますとともに
誤解を生む表現をしたことに対し
謹んでお詫び申し上げます。

m(_ _)m


では、問題の刺激的な本文をお楽しみください↓

===追加訂正文ここまで===



みなさん、未だスランプから抜けきらないえび象です

車海老たべた~い

一日も早く大きく育つよう
祈りつつブログのネタを考えています。


そんな折、えび象に1本の電話がありました。

『養殖の車海老がクスリ漬けって本当??』


なんとショッキングな・・・。
クスリって、薬ですよね?
薬品のことですよね。

わが耳を疑います。

えび象の耳は、象の耳。

聞き間違えの筈がありません。


↓こちらをご覧ください。

クスリ1
クスリ2

農林水産省のHPで誰でも見る事が出来ます。
「水産医薬品の使用について第24報(たぶん最新)P.14&p.15」です。

字が小さいので、詳しく見たい方は検索してください。

かいつまんで、説明しますと、

「日本中の養殖魚の中で車海老だけ

あらゆるクスリも使ってはならない」

ということです。


「ビタミン剤すら使ってはならない」

ということです。

人間に例えるなら、

「風邪をひいたら、こじらせて死ね。」



「同じ池の中で風邪が蔓延したら

予防注射もせず皆にうつしてしまえ。」


と宣告するに等しい内容なのです。


このように、行政の保護から完全に見放された魚種で、
我々の業界は健気に生産し続けています。

しかも 車海老 は卸売市場に着荷した際に

「必ず生きていなくてはいけない」

という条件で取引されるのです。


ものすごーく健康状態に気を使って

手塩にかけて育てた

超プレミアム品だけが出荷されるんです。


Q 「車海老って、ブラックタイガーやバナメイなんかよりも強い生き物なんですか?」

A 「いいえ。むしろエビのなかで殺さずに育てるのが最も難しい魚種なんです。」


もし、自分の子供が風邪をひいても
「おまえの子供だけは風邪薬を飲んじゃイカン」
と言われたら、なんと思うでしょうか。

そんな状況下で我々は頑張って世に送り出しているのです。




それなのに・・・

ああ、それなのに、

えび象に電話をくれた取引先に
あろうことか「クスリ漬け」であるなどと
吹聴したのは、別種のエビの営業マン。

一度、車海老業界と同じ苦労を味わって下さい。



車海老が美味いのは、当然のワケがあるんです。

車海老が高いのも、当然のワケがあるんです。

車海老のエサは人間が食べるコシヒカリより高いんです。

もしも、他の養殖魚と同じように、
ちょっとした疾病対策のクスリなどが使えるとしたら、
生産量がドドンと増えて、
美味しい車海老を、もっと身近に皆さんに食べてもらえるようになるんです。



あまり知られていない、車海老業界の苦労と健全さを、
美味しい店ブログが中断している今、
堰を切ったように吐き出しました。


同業者のみなさん、頑張りましょうね。



  








関連記事


2012/02/25(土) 16:36 | コメント:0 | トラックバック:0
コメント
コメントを投稿
名前
タイトル
メール
URL
コメント
パスワード
管理者にだけ表示を許可する


トラックバック

この記事のトラックバックURL
 

この記事にトラックバックする (FC2 blog user only!)
 
この記事へのトラックバック


ブログ内検索
カレンダー
09 | 2019/10 | 11
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
QRコード
QRコード