全記事表示リンク
プロフィール

えび象

Author:えび象
「車海老食べてますか?」
味の王様 車海老の普及活動がライフワーク。

鹿児島マリナーズ株式会社
http://www.k-mariners.com/

2013/01/09(水) 07:50 | コメント:0 | トラックバック:0 |
下村


1月3日の読売新聞
「新春インタビュー」に載りました

2013年はダイフク水産の創業20周年だからです。


記事を拡大してお読みになる方は
↓こちらをクリックすると大きくなります。

下村


今回は記事公告というジャンルのもので
インタビュー記事に
広告代理店の方が広告を募ってくれた様です。

集まる広告の量で
記事スペースの大きさが決まる仕組みらしく
快く広告を載せてくださったお取引先様に感謝します。

以下ご紹介(五十音順)

◆九州航空株式会社
http://www.kyushu-aw.co.jp/
車海老を全国へ配送してくれる物流会社さんです。
「それ、なんとかしましょう」という熱意があふれる会社です。
岩本さん、ありがとうございました。

◆大京魚類株式会社
http://www.maruha-daikyo.co.jp/
京都の荷受人さんで、京都市中央卸売市場で
仲買人さん達に車海老を売ってくれています。
巽さん、ありがとうございました。

◆永佐化工株式会社
http://www.nagasa.co.jp/
化粧箱「鹿籠の眠り」や、真空冷凍フィルムなど、
こちらの要望を聞いて、素晴らしいデザインで仕上げてくれる会社です。
高島さん、ありがとうございました。


この記事の様に、
下村利徳がダイフク水産㈱の常務取締役に就任しました。
と、同時に鹿児島アクアファーム㈱の常務取締役にもダブル就任です。
ダイフク水産と鹿児島アクアファームの歴史の中で、
現場出身の生え抜き社員が役員に就任するのは
実は初めてのことなんです
本来は就任ご挨拶をお取引先様方に郵送するべきですが
非礼ながら本ブログにてご挨拶に代えさせて頂きます。

世のビジネスは
「プロダクトアウトからマーケットインへ。」
と流行り文句が15年程標榜されていますが
プロダクトあってこそのマーケット戦略であることを
忘れてしまうと、無理難題を押し付けられる現場にシワ寄せが行きます。
現場あってこその生産業。
経営陣に現場の意見がダイレクトに反映されることで
2013年、これからますます「こんなのデキルんじゃない?」
みたいな会話が遠慮なく出てくることになるでしょう

巳年はヘビのように脱皮をして大きくなります

 「脱皮のできない蛇は滅びる」 byニーチェ

 



関連記事


2013/01/09(水) 07:50 | コメント:0 | トラックバック:0
コメント
コメントを投稿
名前
タイトル
メール
URL
コメント
パスワード
管理者にだけ表示を許可する


トラックバック

この記事のトラックバックURL
 

この記事にトラックバックする (FC2 blog user only!)
 
この記事へのトラックバック


ブログ内検索
カレンダー
09 | 2019/10 | 11
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
QRコード
QRコード