全記事表示リンク
プロフィール

えび象

Author:えび象
「車海老食べてますか?」
味の王様 車海老の普及活動がライフワーク。

鹿児島マリナーズ株式会社
http://www.k-mariners.com/

2016/04/09(土) 11:24 | コメント:0 | トラックバック:0 |
2015MVP改め


昨年から恒例行事化を目指している
「表彰制度」

2年目となる今年は、
記念品のデザインなどの校正で
時間をとられることもなく、
3月に発表&授与ができました

今年も監督(常務)からの授与です!

2015MVP

GM賞は、小瀬田養殖場で、夜勤専任で長年頑張っている
日高さん。

皆が出勤する前に
独りで多くの作業をこなしながら
慢性人手不足の小瀬田を支え、
皆が出勤してからも帰らず作業を手伝う姿勢が評価されました。

2015MVP

見事なガッツポーズは
この表彰制度の意義と価値を、受賞者が認めてくれた証。
来年も制度は続くに違いない!

2015MVP

監督賞は
マリナーズで唯一の総合職、手島さん。
役員室付、という理解されにくい役職を与えられ、
あらゆる雑務をこなしながら、
営業マンとしても、過去に類のない実績を残しました。


2015MVP

SV賞は熊野養殖場の稲子さん。
もっとも責任感の強い熊野養殖場は
有給消化率が驚くほど低く、「エビができてナンボ」のスピリッツが浸透しています。
そんななかで、家庭の都合などで仕事を空けなくてはならない同僚の代わりに
もっとも率先して出勤してくれる、無口なのにヤルことヤル人。
口ばっかりの若者が多くなった日本人に見習って欲しい仕事人。

2015MVP


役員就任前は、熊野養殖場の場長として
苦楽を共にしながら育ててきた監督(常務)も、
部下の受賞に、うれしさひとしおで、この笑顔。
(めずらしい


2015MVP

TeamPlay賞を受賞した部門は、
今年は鹿児島市の事務センター。
代表して四元さん。
それぞれ離れた、5か所にある養殖場の事務を、
最終的に取りまとめながら、
人事部も総務部も経理部も受付事務員もない中小企業で、
たった独りで常駐社員として奮闘しています。
全国市場への荷振り業務から、営業事務まで、
全てを扱う事務センターの要です。
(事務センター)=(四元淳子)と言って過言ではありません。


2015MVP

以上の、固定4賞のほか、
今年の特別表彰は、
功労賞が2名。

2015MVP

1人目の功労賞は
小瀬田養殖場の前場長。寺田(繁明)さん。
体調不良により、65歳まであと1年というところで、
惜しまれながらも昨年末に退職。
長きにわたり、小瀬田養殖場を守り続け、
間引きの絶妙なタイミングや、
いつも大きなエビをつくる技や、
ほとんど経費稟議をあげてこないコスト意識の高さなど、定評がありました。
体調が良い時は、これからも養殖場に手伝いと後継指導に来てください。

2015MVP

もう一人の功労賞は
65歳の誕生日で退社された米倉さん。
春田養殖場と小瀬田養殖場の、
2か所の事務を一手に引き受けながら、
事務センターからも手堅い仕事ぶりに厚い信頼がありました。
さらに、出荷業務までをもこなすスーパーウーマン。
退社前も引継ぎを誰より心配していた責任感の強い女性。
これからも、手伝いに来てください。

2014年度表彰
↑(クリックするとジャンプします)
表彰の記念品が時計であることの理由は昨年の記事にも書きましたが、
「時計」を贈ることに、改めて他の意味を感じる功労賞でした。

先日、深夜枠で、1978年作の映画「スーパーマン」を観ました。
子供のころ、ドキドキワクワクしたのを覚えています。
当時はCG技術などないなかで、今観ても本当によくできた作品だと思いましたが、
やはりCG全盛の現代からみると、40年間の技術の進歩を感じます。
ニューヨークを歩く人々のファッションにも40年の歴史を感じます。

当社の歴史も、創業からひもとくと44年。
その間、何人が入社し、退社していったのか。
経済環境の変化や、食文化の変化の中で、
多くの同業者が消えていったりもしました。
太古の昔からグラフ化すると、
変化の度合いは二次曲線的に激しく、時間スパンは短くなります。

大恩ある功労者に感謝するとともに、
新たに入社してくる若い人材への責任を果たす為にも、
温故知新。
変化の波を見据え、波に乗るタイミングを間違えずに、
あと100年、200年と、
時計の記念品を贈り続けることのできるマリナーズでなくてはなりません。

2015MVP

場長会議のあと、
1カ月遅れで事務センターの表彰を終えてからの懇親会。

会議で「我々は、少なくとも年間100トンの車海老を、安定して生産し続ける必要と責務がある」
との言葉を受けて、
皆で指1本(100トン)でポーズ。
110トン、95トン、100トンではなく、
毎年安定して100トン。この意味を会議で皆で考えました。

2016年、
鹿児島マリナーズは、
さらに安定した輝きを放つべく
仕事に対し、車海老に対し、それぞれが自身の人生を投影できる情熱で、
妥協なく、甘えなく、時代の波を乗りこなしていかねばなりません。

まずは、今夏こそ、サーフィンデビューしなくては、と
心に期すえび象でした。

受賞者のみなさん、おめでとうございます。
皆さんのおかげです。ありがとうございました。


  




関連記事


2016/04/09(土) 11:24 | コメント:0 | トラックバック:0
コメント
コメントを投稿
名前
タイトル
メール
URL
コメント
パスワード
管理者にだけ表示を許可する


トラックバック

この記事のトラックバックURL
 

この記事にトラックバックする (FC2 blog user only!)
 
この記事へのトラックバック


ブログ内検索
カレンダー
06 | 2018/07 | 08
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
QRコード
QRコード